FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節の味 Federweisser

Federweisser_Zwiebelnkuchen

ワインの新酒というのか、醗酵中のものというのか、
どぶろく というのが正しいようですが、私などは、子ども時代のアニメとかドラマの影響で「どぶろく」というと安い、まずい、品がない のイメージがあり。実際、子ども時代はお酒には縁がないですし(我が家は父が下戸なんで、自宅や外食で食事中にお酒を飲むということがまずなかった)、大人になってからは、「とりあえず、ビール」とのあとは酎ハイか、日本酒か(宴会、コンパ)ちょっとこじゃれてワインかカクテル、会社の人とはウィスキー(ボトルキープ)などという時代でして。「どぶろく」(日本酒の)を飲んだことがありません。

Federweisser は 白ワインの醸造中のものみたいなやつで、だいたい秋口に出回り、それで終わりですから本当に季節の味。スーパーに売っているときも、蓋が半分開いている状態ですから、持ち帰る前にちょっとこぼれたりやっかい。そのまま置いておくと酸っぱくなってしまったり、化学変化がおこるようです(そこまで取っておいたことがないので、未実験)

味は、甘くてあっさりしていて(まだ、ブーケとかアロマとかついていない)、飲んだ感じではアルコールほとんど感じない(私は分解酵素多いほうみたいなので、ヨワいかたは別の感じでしょうが)。だから、1本なんてすぐ飲んじゃいますが。お店で飲むのはまた風物。20代の最初に住んでいたハイデルベルクはワインの生産地でもあるので、比較的遅い時期(つまりドイツワインの収穫時期)になると、屋台がでてFederweisser とZwiebelnkuchen の組あわせで街で売っていたりしました。Zwiebelnkuchen のほうはクーヘンとはいいますが、キッシュのような塩味のパイです。タマネギとサワークリームのような(Quarkだと思う)ものが使われていて、スパイスはキャラウエイを使うのが王道じゃないかな。人によっていろいろ中身が違いますが、ハイデルベルクはBaden-Würtemberg州の中でも、わりとフランスに近いほうなので、「アルザス」風なのかもしれません。

この組み合わせがでると、私はいつも一回はカフェなどでいただきます。今回は、エルフルトのドームカフェで。お味のほうは、ちょっと塩味が強いツビーベルンクーヘンでしたが、季節の味ってことで。Federweisser のほうは、残念ながらドイツものではなく(ドイツのはまだだと思う)多分、イタリアかスペインらしいです。ドイツものがでるようになったら、地酒を楽しみたいものです。

スポンサーサイト

受難週間 新約聖書3

バッハの有名なオラトリオに「マタイ受難曲」といわれる作品がありますが、これを「マタイという人が受難(苦しみ)を受けた」話だと勘違いしている方も多いのではないかと思います。ここでいう受難というのは、イエス・キリストの苦しみと十字架での死を意味するので、マタイはその書記者でしかありません。同じバッハの作品には「ヨハネ受難曲」もあり、こちらはヨハネによる福音書の記載から物語を(楽曲を)構成したものです。

共観福音書の記述はマルコが元になっているので、マルコの記述が一番短く簡潔にかかれていて、おすすめはとマルコの14章辺りから通して読むのが楽です。ただ、前回の表で括弧書きにしましたが、14章の51、52のエピソード <一人の若者逃げる> だけが、他の福音書にありません。このことから、この若者こそが「マルコ」自身ではないかと言われています。

画家なども、ときどき聖書を場面にした壮大な画面の一部の自分の自画像をちょこっと混ぜていたりすることがあります。福音書記者のマルコもそうした気持ちがあったのかもしれません。あるいは、彼が信仰に触れた最初の強いインパクトをどうしても書いておきたかったのかもしれません。いえいえ、聖書の著者は神様ご自身ですから、その御旨だったのでしょう(と教会では教えています)。

一人の若者が、素肌に亜麻布をまとってイエスについて来ていた。人々が捕らえようとすると、亜麻布
     を捨てて裸で逃げてしまった。 
(新共同訳93ページ)

なかなかリアルな描写でしょう?逮捕されたあと、他の弟子たちは逃げてしまってイエスは最高法院での裁判を受けるために大祭司のところへ連行されていくという場面です。イエスの後ろにうろうろしている若者は<当局>からみたらうさん臭い<シンパ>と思われたのでしょう。しかも、正真正銘のイエスの弟子といわれていた人たちはみな逃げてしまっていたのですから、この亜麻布の若者は特別に目立ったかもしれません。

そこで、警官に「おい、そこの!何者だ」とか言われて、かといって、その若者は本当に信者であったわけではなかったのでしょうから、いわれなき嫌疑をかけられることを恐れて、逃げてしまった。警官が彼の衣服に手をかけて引き戻そうとしたのかもしれません。その唯一身にまとっていた布を捨てて、裸になってまで逃げて行ったという描写には、リアリティーがあります。

このような箇所には、聖書の「理屈」抜きで物語として楽しめる要素があり、ある意味で、神学者の書いた文章ではないことが、布教に成功している理由かと思われます。このような楽しい発見もいくつかありますが、まず最後の晩餐(聖木よう日)にもどって、われわれは、受難の箇所をもう少し細かく読んで行きたいと思います。

受難週間 新約聖書2

共同訳のマタイによる福音書を中心に受難に関する部分を取り出してみました。他の福音書の平行箇所の記載も共同訳によります。エピソードによっては、ヨハネになかったりしますが、これは、ヨハネだけが「共観福音書」ではないといわれる所以でもあります。マルコ(元マルコ)が最古の記録とされ、それにそれぞれの共同体の思惑などが重なって加筆訂正されたのがマタイとルカ、ヨハネは独自の文学であると言われています。



過越の食事をする
マタイ 26.17
マルコ 14.12−21
ルカ  22 7−14
ヨハネ 13 21−30

主の晩餐
マタイ 26.16
マルコ 14.22−26
ルカ  22.15−20
ヨハネ 
コリント1 11 23−25

ペトロの離反を予告する
マタイ 26.31
マルコ 14.27−31
ルカ  22.31−34
ヨハネ 13.36−38

ゲッセマネで祈る
マタイ 26.36
マルコ 14.32−42
ルカ  22.39ー46
ヨハネ

裏切られ、逮捕される
マタイ 26.47
マルコ 14.43−50
ルカ  22.47−53
ヨハネ 18.3−12

(一人の若者、逃げる)
マルコ 14.51−52

最高法院で裁判を受ける
マタイ 26.57
マルコ 14.53−65
ルカ 22 54−55。 63−71
ヨハネ 18.13−14 19−24

ペトロ、イエスを知らないと言う
マタイ 26.69
マルコ 14.66−72
ルカ  22.56−62
ヨハネ 18.15−18 25−27

ピラトに引き渡される
マタイ 27.1−
マルコ 15.1−5
ルカ 23.1−2
ヨハネ 18.28−32

ユダ、自殺する
マタイ27.3ー
使徒 1.18−19

ピラトから尋問される
マタイ27。11
マルコ 15.2−5
ルカ  23.3−5
ヨハネ 18.33−38

死刑の判決を受ける
マタイ 27.15
マルコ 15.6−15
ルカ  23.13−25
ヨハネ 18.39− 19.16

兵士から侮辱される
マタイ 27.27
マルコ 15.16−20
ルカ
ヨハネ 19.2−3

十字架につけられる
マタイ 27。32
マルコ 15.21−32
ルカ 23。26−43
ヨハネ 19.17−27

イエスの死
マタイ 27.45
マルコ 15.33−41
ルカ 23.44−49
ヨハネ 19.28−30

墓に葬られる
マタイ 27.57
マルコ 15。42−47
ルカ 23.50−56
ヨハネ 19.38−42

番兵、墓を見張る
マタイ 27.62
マルコ
ルカ
ヨハネ

復活する
マタイ 28.1
マルコ 16.1−8
ルカ  24.1−12
ヨハネ 20.1−10

番兵報告する
マタイ 28.11
マルコ
ルカ
ヨハネ

弟子を派遣する
マルコ28.16−20
マルコ16.14−18
ルカ 24.36−49
ヨハネ 20.19−23
使徒 1.6−8


受難週間 新約聖書1

さて、先々週の日よう日はイースター、復活祭でした。
歳時記のコーナーでは、ドイツの季節とお祭りと風物を紹介する予定ですが、なぜかこのところ押せ押せになっていて、報告が遅れてしまいもうしわけありません。

がんばって、受難週間にさかのぼってぼちぼちと書いていこうと思いますので、気長におつきあいください。三週間遅れでとどいた週刊誌をごらんになるようなつもりで。

ちょっとだけその前に聖書のことを書いておきます。

新約聖書はキリスト教の聖典でありますが、それはいくつかの書物の集大成という形をなしています。著者は「神様」ということになっているので、神様の言葉を聞いて書いた人たちは、「書記者」であるとされます。特に、「福音書」という最初の4つの書物は、マタイ(マティアス、マテオス、マチュー)、マルコ(マーク、マルコス)、ルカ(ルーカス)ヨハネ(ヨハネス、ジョン、ヤン、ホアン)の4人の福音書者がいます。新約聖書の聖典を決定する会議があり、それに漏れた作品もいくつかあるのですが、有名なものにはトマスの福音書などというのもあります。しかし、聖典としては受け入れられなかったので、現在、一般に手にとる新約聖書にはこの4つの福音書と使徒行伝(使徒行録、使徒言行録、使徒の働き、初代教会の働きなど訳語はさまざま)がセットで「歴史的」な部分とされています。
そのあとに使徒から初代教会の信徒に宛てた手紙という形の文書が続きます。こちらは、ほとんどがパウロの書いたものとされていますが、他にペトロ、ヨハネなど12使徒のメンバーも名前をつらねています。そして、黙示録という全く別の文学形体があります。さしあたって、受難週間から復活祭そして昇天祭、聖霊降臨という一連のイベントに関連があるのは、福音書と使徒行伝なので、この部分についてちょっと見てみましょう。

夏時間

先週の日よう日、早朝2時から夏時間がはじまりました。

夏時間というのは、いたって自然に逆らった方法で節電対策になるという「思い込み」も含めて実施されている人工的な時差であります。もちろんどこの国も時間の標準になる地点は決まっていて、日本なら明石の天文台で、東経135度、北緯35度。ここから東の地区は実際には本当の南中がすぎてから正午になる。西は逆。

ヨーロッパの標準時間にしても、東西ですでにかなりの時差がある。だから、南中から合わせて1時間以内の時差はつねにあるのだけど、夏時間というのは、さらに1時間ずらす。つまり夏時間に移行したときは、標準時間だと7時なのに、時計を8時にしなければならない。逆にいえば、身体はまだ眠いのに、早起きしないといけない。

日よう日に先生のお宅で編集会議をする予定でいた。午後2時の約束で、スタッフと電車の中で合えたら一緒にいこうというようなことになっていた。彼女のほうが先に電車にのるからだ。車内の約束したあたりにいなかった。もしかしたら、別の車両に時間ぎりぎりで飛び乗った可能性もある。ミュンヘンのSバーンという市内、郊外を走る電車はだいたいが2つか3つの車両の連結部で中からつながっていない。先生のお宅の最寄り駅について、長い車両を見渡したけど、知り合いの影はなく、電車に乗り遅れている可能性もあるととりあえず、先生宅に行く。

ベルを鳴らせども誰も出てこない。1時40分くらいだ。先生もちょっと出ていたのかもしれないと思った。が、もしかしたら、夏時間になったばかりの日だから、正しい時間(夏時間に修正された)は、2時ちょっと前だけど、直していなかったら時計は1時をさしているわけで、先生もスタッフも1時間間違えている可能性があると思った。それで、3時まで待つことにした。外はぽかぽかしてとても気持ちがよく、郊外の住宅地ではあちこちで子供連れが歩いていたりする。ちなみに今2時すぎですよね?と聞いてみた。みんなそうだよという。

結局は、スタッフは一台前の電車にのってとっくに先生宅についていて、二人で話し込んでいてベルが聞こえなかったというのだ。それにしても、日よう日だからと控えめにしていたが、2度目、3度目はどうせいないなら同じことと容赦なく10回くらい連続でびーびーと押したのに。というようなことで、かなり怒ってしまって、気持ちを入れ替えて会議に参加。

もとはといえば、一台前にのったのに、連絡しなかったスタッフもスタッフだよ。ってことで。あるいは、2時に現れなかった(実際はドアの前にたっていたり、共有スペースのベンチに座っていた)私に電話してくれてもいいのに、3時近くなってはじめて電話するってことは、いつも遅刻するから、「どうせ遅れてくるだろう」って思われたったことかもしれない。まあ、とにかく怒り心頭で会議に参加しても最後は仕事の追い込みでもあったので、それどころじゃなくて、怒っていることも忘れてしまった。

そんな日よう日でしたが、本当に夏時間になったすぐの日よう日にはよくありがちなこと。人によっては、一人暮らしで外にもでずにすごして、丸一日気がついていなくて、月よう日に遅刻するなんていう留学生もいました。逆に冬時間になったすぐは、もう8時すぎでだめだとおもったら実際はまだ7時代で、コンサートに間に合ったというケースもあった。

いずれにしても、太陽に反して身体を切り替えたりするのは、非常によろしくない。夏時間になったすぐの一週間は無理矢理早寝早起きを強いられるわけで、みななんとなく身体がだるかったりする。早く寝ろといわれても、あかるかったりすればどうしても、時計どおりやそれより遅く床につく。しかし朝は容赦なくやってくる。睡眠のリズムだけじゃなく、食欲とかトイレとか全部体内時計で動いている部分が1時間ずつ狂う。日本とドイツを行き来すると7時間とか8時間の時差があるが、それとは別に1時間の時差というのは微妙に身体に響くものだ。

しかも、最近の研究によると、夏時間による節電効果は当初考えていたほどメリットがあるわけではないということ。つまり、30年前とはちがって電力って「電気をつける」ためだけに使うわけじゃないから、明るいから電気を使わない訳じゃないってこと。かといって、この夏時間の制度はそう簡単には変わらないだろう。

ただ、日本ではやっぱり実施しないほうが懸命なので、それだけははっきりと行っておこうと思う。

booking.com

日本語で予約、現地語で予約確認書をプリントあうと!
プロフィール

Kei Shirasaka

Author:Kei Shirasaka
単行本は「いいね!ミュンヘン」以降、出してません。紙媒体にするよりは、ブログとか情報はデジタルでいいかな、って思う今日この頃です。しらないうちに人生の半分以上を過ごしています。最初は1年で東京の生活にもどるつもりだったのですけどね。人生わからない。

子どものころから、英語は本当に苦手、白人の方はご遠慮ください!という人でした。海外に住みたかったわけじゃないし、やはり、縁があるというのか、人と自然に恵まれていたからでしょうか。「わたしには」ミュンヘンがいいね!であります。

普段はいたって実用的な本を作っていますが、言いたいこと、書きたいことは山ほどあるので、ぼちぼちと語っていこうかと思っております。

饒舌ならぬ 饒筆 にて失礼いたします。あしからず。

最新記事
カテゴリ
ブログ村
ブログ村に参加しています。
プログランキング
こちらのランキングにも参加してみました
ブログ村 外国語としての日本語 ランキングに参加中
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
4858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
1007位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム
リンク
booking.com
日本語で検索、予約 確認書は現地語で印刷
ブログ村ランキング
ブログ村にあるミュンヘン関係の情報サイトです。 合わせてご覧ください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。