スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏時間

先週の日よう日、早朝2時から夏時間がはじまりました。

夏時間というのは、いたって自然に逆らった方法で節電対策になるという「思い込み」も含めて実施されている人工的な時差であります。もちろんどこの国も時間の標準になる地点は決まっていて、日本なら明石の天文台で、東経135度、北緯35度。ここから東の地区は実際には本当の南中がすぎてから正午になる。西は逆。

ヨーロッパの標準時間にしても、東西ですでにかなりの時差がある。だから、南中から合わせて1時間以内の時差はつねにあるのだけど、夏時間というのは、さらに1時間ずらす。つまり夏時間に移行したときは、標準時間だと7時なのに、時計を8時にしなければならない。逆にいえば、身体はまだ眠いのに、早起きしないといけない。

日よう日に先生のお宅で編集会議をする予定でいた。午後2時の約束で、スタッフと電車の中で合えたら一緒にいこうというようなことになっていた。彼女のほうが先に電車にのるからだ。車内の約束したあたりにいなかった。もしかしたら、別の車両に時間ぎりぎりで飛び乗った可能性もある。ミュンヘンのSバーンという市内、郊外を走る電車はだいたいが2つか3つの車両の連結部で中からつながっていない。先生のお宅の最寄り駅について、長い車両を見渡したけど、知り合いの影はなく、電車に乗り遅れている可能性もあるととりあえず、先生宅に行く。

ベルを鳴らせども誰も出てこない。1時40分くらいだ。先生もちょっと出ていたのかもしれないと思った。が、もしかしたら、夏時間になったばかりの日だから、正しい時間(夏時間に修正された)は、2時ちょっと前だけど、直していなかったら時計は1時をさしているわけで、先生もスタッフも1時間間違えている可能性があると思った。それで、3時まで待つことにした。外はぽかぽかしてとても気持ちがよく、郊外の住宅地ではあちこちで子供連れが歩いていたりする。ちなみに今2時すぎですよね?と聞いてみた。みんなそうだよという。

結局は、スタッフは一台前の電車にのってとっくに先生宅についていて、二人で話し込んでいてベルが聞こえなかったというのだ。それにしても、日よう日だからと控えめにしていたが、2度目、3度目はどうせいないなら同じことと容赦なく10回くらい連続でびーびーと押したのに。というようなことで、かなり怒ってしまって、気持ちを入れ替えて会議に参加。

もとはといえば、一台前にのったのに、連絡しなかったスタッフもスタッフだよ。ってことで。あるいは、2時に現れなかった(実際はドアの前にたっていたり、共有スペースのベンチに座っていた)私に電話してくれてもいいのに、3時近くなってはじめて電話するってことは、いつも遅刻するから、「どうせ遅れてくるだろう」って思われたったことかもしれない。まあ、とにかく怒り心頭で会議に参加しても最後は仕事の追い込みでもあったので、それどころじゃなくて、怒っていることも忘れてしまった。

そんな日よう日でしたが、本当に夏時間になったすぐの日よう日にはよくありがちなこと。人によっては、一人暮らしで外にもでずにすごして、丸一日気がついていなくて、月よう日に遅刻するなんていう留学生もいました。逆に冬時間になったすぐは、もう8時すぎでだめだとおもったら実際はまだ7時代で、コンサートに間に合ったというケースもあった。

いずれにしても、太陽に反して身体を切り替えたりするのは、非常によろしくない。夏時間になったすぐの一週間は無理矢理早寝早起きを強いられるわけで、みななんとなく身体がだるかったりする。早く寝ろといわれても、あかるかったりすればどうしても、時計どおりやそれより遅く床につく。しかし朝は容赦なくやってくる。睡眠のリズムだけじゃなく、食欲とかトイレとか全部体内時計で動いている部分が1時間ずつ狂う。日本とドイツを行き来すると7時間とか8時間の時差があるが、それとは別に1時間の時差というのは微妙に身体に響くものだ。

しかも、最近の研究によると、夏時間による節電効果は当初考えていたほどメリットがあるわけではないということ。つまり、30年前とはちがって電力って「電気をつける」ためだけに使うわけじゃないから、明るいから電気を使わない訳じゃないってこと。かといって、この夏時間の制度はそう簡単には変わらないだろう。

ただ、日本ではやっぱり実施しないほうが懸命なので、それだけははっきりと行っておこうと思う。
スポンサーサイト

ふわりPさん 4

4作目だそうです。ふわりPさんの作品を意識して聴くようになったはじめの曲だと思います。
殿堂入りというニコニコ動画の投稿者に与えられる栄誉の一つを獲得した曲でもあり、

「EXIT TUNES PRESENTS Vocalonexus feat.初音ミク」っていうコンピCDのエンディングに収録されているとのこと、実は、このCDまだ入手していないのです。

この作品は、動画のデータによると、2010年10月23日 03:43 にアップとなっていますから、ちょうど1年半くらい前のことですね。わたしがふわりさんの動画を見るようになったのは調度昨年の秋ごろで、多分一周年だと騒いでいたころだったようにも思います。

曲のはじまりのところは、いたってゆったりとしたリズムが気持ちをとってお落ち着かせてくれる。バラードなのだといってもいいのかもしれない。ところが中盤のコーラスがはいるところからだんだんと力強い音が重なり、聞いている方の気分も上昇していく。

長い長い かげの形、、、

ところの曲想はとてもリズミックで前半のメルヘンを思わせる平和な気分から現実に立ち向かうような力強さへと変化してくる。この幸せな気分 + 力強さ という要素は ふわりさんのスタイルではないかと。その点でもこの作品は代表作の一つだと感じる所以です。


さて、ニコニコ動画ですが、画面のコメントはうざかったりするけど、ちらりと横目でみていると、多分まだ中高生みたいな人たちが悩みを書いたりしている。「部活やだけど、、、」なんてね。そして、「ありがとう」

最後にららら。。。というミクさんの声を聴くと、どんな一日だったにしても、今日はぐっすり寝て「またあした」からなにかはじめようって気持ちなる。

最近、ある研修会で講師の先生からいただいた言葉を思い出したので、書いておきます。

今日は、始まりの日。これからはじまる私の人生の最初の一歩。
(かって訳)




ふわりPさん 3

ふわりPさんの三作目。「ふわりクレヨン」

P名のゆらいとなった作品です。
画像は静止画像のスライドショー的なもので、題名にあるクレヨンを意識しているのか、ちょっと幼稚園の子供たちの絵みたいな画像が並ぶ。でも、見方によってはパウルクレーばりの淡い色彩の作品もある。

最後の一こまは、「クレヨン」そのもの。でも、そのクレヨンひとつひとつに色の名前が書いてある。よく見ると知らない色の名前がたくさんある。例えばCactus。これがサボテンのことだっていうのは、知っていたけど、「サボテン色」っていうのがあるのは知らなかった。そんな楽しい発見のある画像もこの動画の見所だと思う。

さて、曲に関して言うと、やっぱり神がかった「ミクさん」の調教。ボカロにありがちな機械くささがない。
それから、結構長い作品だと思うけれど、むやみな繰り返しではなくて、なにか螺旋状に積み重なって行くようなつながりがすごい。(ちょっと,形而上学を思い出してしまったのは、私だけかな)。転調も技も磨きがかかっていて、古典にあるような長調>短調とか、平行度への移動とかじゃなくて、やっぱりこれも螺旋的な上昇。

一番すきな箇所は、

おみやげはないけど
じゃましてみようかな

の間奏前のところ。それから、間奏後の

かわることなく
つづいてく

の箇所のような三連譜の重なりもリズムを変えて、ブレーキをかけているみたいなのがふわりPさん的。

曲の積み上げ方とか、繰り返しとか、調性やリズムの変調、変形、加工とかいままでの楽器をつかった音楽ではなかなか再現されなかった部分がとても21世紀的。

とごちゃごちゃ書いてしまいましたが、いっちばんの特徴は、ふわりPさんの
やさしさ
あたたかさ
涙がでるほどの心地よさ

だと思いました。

歳時記 (四旬節_2)

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

ふわりPさん 2

ふわりPさん研究 二日目
これは、第二作だそうです。画像はまた実写の静止画像をスライドショー的に流したもの。沖縄かな?と思うシーンもあったけど、もっと異国風な場面もありました。

今まで見て来たふわりPさんの作品はみな下に手書き風のひらがなの文字で歌詞が出ていたのだけど、この作品には文字がありません。歌詞も多少聞きにくい。曲は透明な音が続くというところも、なにか今まで聞いて来た作品とは違うところがあります。音の積み重なり、どんどん後半に行くにしたがって転調していくというスタイルは最近の作品に顕著な特徴なのですが、この作品ではわりとあっさりと仕上がっているような気がします。


もう少し、他の作品を聞いてから、またもとにもどって聞いてみたい曲です。

ふわりPさん 1

ツイッターかなにかやっていて、ふと目にしたのがふわりPさんのニコニコ動画だった。
それから、ボーカロイドについてもちょこっとずつ知る機会があり、最近は大分知ったかぶりをしている。

ついでに、イベントしてしまえということで、今 画策中。どういうイベントにするのかまだ全然見通しがない。音楽家ならコンサートだろうし、映像作家なら、作品を鑑賞。漫画家さんの場合は、ワークショップ的に作品の好評をしてもらったり、トークショー的に作品論や制作秘話を語ってもらったり、ファンとの質疑応答とかできる。
舞台ものでもないし、紙媒体の作品でもないし。ボーカロイドは本当に面白い。

その面白さをどうやって表現しようかと考えている。

とりあえずは、今 一番はまっている「ふわりPさん」を研究してみた。ニコ動によるとこれが第一番目の作品だそうだ。画像は全部 実写の写真(撮影者などは不明ではあるが)。赤ちゃんとか、お年寄りとか、なんとなく外国風なところもあるし、いい感じの泣けてくる画像と音楽。詩については、コメントしたくねーなー、ってくらいいい感じだ。

いいね!ミュンヘン情報版 あいさつ

有料版を設置してみました。筆者への寄付だと思っていただければ幸いです。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

はじめまして

はじめまして。

ブログっていうのをはじめてみました。
今までは、Nifty Serve とか、MIXI などのコンテンツを使って書いてましたが、そろそろ「外の世界」にもなにか発信したほうがいいかなと。

広告収入でおこずかいかせぎなんて取らぬ狸の皮算用。ランキングとかみるとパワーゲーム全開で気合いがはいるし。読者の批判とか、もろ受けてみたいとか。刺激にはなる。

めげたらすぐ止めるから、無料会員のまま、様子見ることにします。画像とか動画もいいものができたらアップする予定。

今後ともよろしくお願いいたします。
(平身低頭)


booking.com

日本語で予約、現地語で予約確認書をプリントあうと!
プロフィール

Kei Shirasaka

Author:Kei Shirasaka
単行本は「いいね!ミュンヘン」以降、出してません。紙媒体にするよりは、ブログとか情報はデジタルでいいかな、って思う今日この頃です。しらないうちに人生の半分以上を過ごしています。最初は1年で東京の生活にもどるつもりだったのですけどね。人生わからない。

子どものころから、英語は本当に苦手、白人の方はご遠慮ください!という人でした。海外に住みたかったわけじゃないし、やはり、縁があるというのか、人と自然に恵まれていたからでしょうか。「わたしには」ミュンヘンがいいね!であります。

普段はいたって実用的な本を作っていますが、言いたいこと、書きたいことは山ほどあるので、ぼちぼちと語っていこうかと思っております。

饒舌ならぬ 饒筆 にて失礼いたします。あしからず。

最新記事
カテゴリ
ブログ村
ブログ村に参加しています。
プログランキング
こちらのランキングにも参加してみました
ブログ村 外国語としての日本語 ランキングに参加中
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
4677位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
975位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム
リンク
booking.com
日本語で検索、予約 確認書は現地語で印刷
ブログ村ランキング
ブログ村にあるミュンヘン関係の情報サイトです。 合わせてご覧ください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。