FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翻訳のこと 日本語のこと (序章)

「花子とアン」が話題になっていますが。
わたし子供の頃あまり「本」を読まない子だったので、実は、若草物語あがりでめげで「赤毛のアン」「長くつしたのピッピ」は読んでおりません。ドリトル先生も挫折、「つばめ号とアマゾン号」ではじまるアーサー ランサム全集はかなりはまりましたが、小学校6年までにたしか5巻くらいまでしかいかず(4年くらいでよみはじめ、5年の後半から受験勉強をはじめました)。

中学にはいったら、通学のバスとかで本読んでるだけど「勉強家」>「ガリ勉」>「点取り虫」といわれるのがわかっていたので、あえてよまず。年に一回の夏休みの読書感想文の宿題のみ(つまり中学3年の夏休みまでに3冊)児童文学はもう卒業と読み終えていなかったシリーズもそこで停止。英語はプロフにもかきましたが、大の苦手。外人教師などがおりましたので、ある言葉で欧米人をなじる(そのことばはここでは書けないような差別用語)、上智大学を優秀な成績で卒業、大学院に在籍中に教師であった英語教師には、ジョン万次郎などの教材で反抗。鬼畜米英とはいいませんが、明治期の西洋文明には非常に疑問をもっていました。

そんなこともあって、(いや、英語の成績が悪かったという)翻訳文学とはほとんど縁がなかったのですが、縁あってミュンヘンに住む理由は、英語でだめならセカンドチャンスと第二外国語でがんばろうと思ったこと。しかし、ウチの学科が第二はドイツ語限定みたいなシステムだったので、ドイツ語選択して、あえなく玉砕。(夏休み前に40点)。そのうちに古典ギリシャ語(本当の古典ではなくて、コイネーという聖書時代の言葉)とラテン語を履修して、言葉が面白くなった。という経緯があります。それとは全然別に、第二外国語の「補習」のつもりで行った学校が「塾」じゃなくて、「会話学校」だったのですが、ドイツ人と直接話すのが案外快感だったというのも、きっかけかな。

そんなことで、まあ、学校時代から英語がすばらしくできて、ラジオのFENなんかが楽に聞き取れて、英語のロックが歌える、なんてい人には「あこがれ」というよりは、「嫉妬」にもにたけむったさを感じております。まさに、「花子さん」の女学校時代の部分ですね。(あのドラマの後半は、アンはいつでてくるのだ!と視聴者をじらして炎上商法やってるみたいですが)

いろいろな言葉を使っていると、変に日本語がきになったりします。それで、今、生活のための生業としては日本語教師<も>やっているので、そのあたりのことも書いていこうかな、と思います。そろそろ新学期もはじまるし。(ドイツは夏休み後が新学期。州によってはじまりがちがいますが、今仮の宿のテューリンゲンはあさってからはじまります。町にはぴっかぴかの一年生をお祝いするグッズが、、あ、これは歳時記に書きますね)
スポンサーサイト

季節の味 Federweisser

Federweisser_Zwiebelnkuchen

ワインの新酒というのか、醗酵中のものというのか、
どぶろく というのが正しいようですが、私などは、子ども時代のアニメとかドラマの影響で「どぶろく」というと安い、まずい、品がない のイメージがあり。実際、子ども時代はお酒には縁がないですし(我が家は父が下戸なんで、自宅や外食で食事中にお酒を飲むということがまずなかった)、大人になってからは、「とりあえず、ビール」とのあとは酎ハイか、日本酒か(宴会、コンパ)ちょっとこじゃれてワインかカクテル、会社の人とはウィスキー(ボトルキープ)などという時代でして。「どぶろく」(日本酒の)を飲んだことがありません。

Federweisser は 白ワインの醸造中のものみたいなやつで、だいたい秋口に出回り、それで終わりですから本当に季節の味。スーパーに売っているときも、蓋が半分開いている状態ですから、持ち帰る前にちょっとこぼれたりやっかい。そのまま置いておくと酸っぱくなってしまったり、化学変化がおこるようです(そこまで取っておいたことがないので、未実験)

味は、甘くてあっさりしていて(まだ、ブーケとかアロマとかついていない)、飲んだ感じではアルコールほとんど感じない(私は分解酵素多いほうみたいなので、ヨワいかたは別の感じでしょうが)。だから、1本なんてすぐ飲んじゃいますが。お店で飲むのはまた風物。20代の最初に住んでいたハイデルベルクはワインの生産地でもあるので、比較的遅い時期(つまりドイツワインの収穫時期)になると、屋台がでてFederweisser とZwiebelnkuchen の組あわせで街で売っていたりしました。Zwiebelnkuchen のほうはクーヘンとはいいますが、キッシュのような塩味のパイです。タマネギとサワークリームのような(Quarkだと思う)ものが使われていて、スパイスはキャラウエイを使うのが王道じゃないかな。人によっていろいろ中身が違いますが、ハイデルベルクはBaden-Würtemberg州の中でも、わりとフランスに近いほうなので、「アルザス」風なのかもしれません。

この組み合わせがでると、私はいつも一回はカフェなどでいただきます。今回は、エルフルトのドームカフェで。お味のほうは、ちょっと塩味が強いツビーベルンクーヘンでしたが、季節の味ってことで。Federweisser のほうは、残念ながらドイツものではなく(ドイツのはまだだと思う)多分、イタリアかスペインらしいです。ドイツものがでるようになったら、地酒を楽しみたいものです。

こんなのです

いいね!ミュンヘン表紙

2つ前のワールドカップのときですから、8年前のものですが、まだアマゾンでも販売されているようなので、貼付けておきます。アマゾンのサイトをいれようとしたのですが、リンクに入らないので。

HP作るのも久しぶりなので、なんかタグとかすっかりわすれてしまい、自動ソフトにたよっているのですが、それがなんかまだるっこいというのか。あまり上手にはできないけど、手作りの感覚で作るサイトをやっていたときのほうが楽しかった。と、文句をいいつつも、こちらはSNNに日記を書く気分で作れるから、オン書きで楽しく、きらくにやってます。

いいね!ミュンヘン (シリーズ地球に生きる―ドイツ)いいね!ミュンヘン (シリーズ地球に生きる―ドイツ)
(2006/04)
白坂 啓

商品詳細を見る



まあ、興味があったらご覧ください。(図書館にはいるような本じゃないと思うので、ご購入いただくことになりますが、多分、古本は1円とかで気楽に買えるでしょう)

ブログ村に参加してみる。

デジタルでいいかな、の続きでもありますが。
じゃ、デジタルな場面で書くのってどこ?まずは、ブログだよ。おい、確かFc2でブログやっていたなぁ。
なんてことで、またこのサイトのお世話になることになりました。ここってわりと評判いいみたいですし、汚らしい広告がみなさまの目にはどううつっているのか、確認できないのが残念ですが。(なにしろ、自分のほうは、ドイツ語のサイトとかわけわからん「海外在住の方」向けの広告ばかりなので)

まあ、昔はドイツな人がわりとある場所(注1)に集まっていたので把握しやすかったのですが、SNSの時代になって、私もなんかもうそういうのいいかな、っと降りてしまったところもあります。ミュンヘンの紹介とか、生活情報は、とにかく毎日ブログ書いたり、写真アップなさっている方たちにお任せしてってね。

ときどき、「教えてGoo!」的なところで非常にローカルな質問があると答えたりはしていますが、そこでも、ポピュラーな質問だともうすぐに2、3件の回答がつきます。ということは、それだけ、答えられる人材がそろっているってことですよね。その大昔は、そういう人がいても、その人とコンタクトとるのが大変だった(PC以前)。それから、パソコン通信など通じて、手軽に海外在住の人と日本の人でコミュニケーションとれるようになったけど、やはり、その人数は限られていて、「ドイツ、オーストリア」の会議室っていうくくりでたしか10000人くらいが登録、常にアクセスしているのは、その20から30%。さらにレスしたりオフ会に顔をだしたりというチョウアクティブが100から200人前後だと聞いています。それぐらいのコミュニティだと話しやすいし、双方向の良さがでていたように思います。

MIXI というSNSがその後継者的な役割を果たしていた時代もあるのですが、当時は、ドイツ人やドイツ在住の人も気軽にアクセスできていたのだけど、あるときから「広告しぼりこみ」をねらったのか、日本の携帯がないと登録できなくなって、海外組には敷居が高くなっていた。と時をほぼ同じくして、Facebook やtwitter が元気になってきたので、海外だろうと、旅行者だろうと、みんなそっちのほうが便利と移動。特に多言語に対応のFacebookは語学教師としては、ありがたい場所でありました。

デジタルな世界での双方向のコミュニケーションとか、仲間とワイワイってのは私にとっては、ニフティ参加の1995年前後からの話なのですが。ブログとなるとちょっと違います。これは、もう「ソトの世界」ですから。最初は、ミュンヘンの情報を書きたいと思っていたのですが、本当にこまめに詳しく書いている方が多いのがわかって、脱落。そのうち、本を書かせてもらったので、その本で書けなかったこととか、その後の追加情報とか書きたいとか思って、(まあ、Mixiなどもそのつもりで参加したのですが)ここも初めてみました。

最初の意気込みとは全然違う方向いっちゃいましたが、ミュンヘン大好きなことにはかわりません。ブログ村参加で、ちょっとランキングなんていうなつかしいこともやってみたいかな、、、と

注1 ニフティの会議室以外ですと、ヤフーのフォーラム(呼称は失念)とか、匿の匿さんがやっていらした「ランキング」とか、そこでサイト運営していた仲間とか。

単発の情報や感想文はデジタルでいいかな

あちこちに書き散らしていますが、こちらは、自分のPRサイト的に使わせてもらってます。単行本「いいね!ミュンヘン」いらい、同人レベルの著作しかないのですが。

環境保護のこと(森林資源とか、水とか、電気とか)考えたら、紙媒体のメディアにする価値があるものってどれだけあるのでしょうか。少なくとも私が書くものは、デジタルでいいかな、というところで、印刷するとしたら、旅行本のように持ち歩くために地図を入れるとか、教科書のように授業で使うとか、料理本のように台所でぱらっとみるのに便利とか、「使える」ものを作ることはあると思います。

でも、エッセイとか、読み捨ての物語とか、デジタルでいいかな、って思っているので。単行本はしばらくないかな。

料理のサイトでのアクセスランキングがここより上ってこともよく物語ってますね。「実用性がいのち」

booking.com

日本語で予約、現地語で予約確認書をプリントあうと!
プロフィール

Kei Shirasaka

Author:Kei Shirasaka
単行本は「いいね!ミュンヘン」以降、出してません。紙媒体にするよりは、ブログとか情報はデジタルでいいかな、って思う今日この頃です。しらないうちに人生の半分以上を過ごしています。最初は1年で東京の生活にもどるつもりだったのですけどね。人生わからない。

子どものころから、英語は本当に苦手、白人の方はご遠慮ください!という人でした。海外に住みたかったわけじゃないし、やはり、縁があるというのか、人と自然に恵まれていたからでしょうか。「わたしには」ミュンヘンがいいね!であります。

普段はいたって実用的な本を作っていますが、言いたいこと、書きたいことは山ほどあるので、ぼちぼちと語っていこうかと思っております。

饒舌ならぬ 饒筆 にて失礼いたします。あしからず。

最新記事
カテゴリ
ブログ村
ブログ村に参加しています。
プログランキング
こちらのランキングにも参加してみました
ブログ村 外国語としての日本語 ランキングに参加中
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
3095位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
693位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム
リンク
booking.com
日本語で検索、予約 確認書は現地語で印刷
ブログ村ランキング
ブログ村にあるミュンヘン関係の情報サイトです。 合わせてご覧ください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。