FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふわりPさん 6

ドイツとか、ミュンヘンとかそういう話をある程度は情報として伝えようとしてはじめたブログなのだけど、なぜかボカロ。それも、ふわりPさんの4作目「またあした」で止まってしまった。とはいえ、今はじっくりと考えたいので、先に進まないことにした。ふわりPさんの公開されている作品はまだそれほど多くはないから、こんなゆっくりのペースでも大丈夫だと思う。まあ、なにも全部書かなくてはいけないというきまりがあるわけじゃないし、。ほかのPさんには、まだ手をだしていないから、この先どう連載するかは全然わからない。

さて、今日はゲッカヨの楽譜をみながら歌ったり、ピアノ叩いたりしていて気がついたこと。
案外、コードは巡回コードで単純なのだけど、ときどき異分子が混ざり込むから、不思議な曲になっている。それから、繰り返しがおもしろい。

多くの楽曲はたぶん
Aという部分があって、そのAを繰り返す。そのあと、Bという部分がきて、また Aがくる。という 三部形式。
とか、A B A C A B Aのロンドみたいに、Aが何度も来るとか。
AB(提示部)場合によっては繰り返す。 AかBの変調とかバリエーション(展開部) そしてまたAとBからなる(再現部)というソナタ形式。展開部と再現部はほぼ同じというのか、再現なので、A B Aダッシュ なのだと考えることもできる。ただ、主題が2つとか3つ絡み合っているから複雑になる。

こんな古典音楽の形式から発展して多くの歌曲が作られて来ているから、形式は案外昔から単純だったりする。「さび」などと言われる山場があり、その部分はなんども同じような歌詞でリフレーンするので、覚えやすい。たとえばカラオケなんかで、出だしは全然わからなくてうまく歌えなくても、さびのところは全員で大コーラスになったりすることがある。

ところが、この「またあした」ですが、楽譜をよくにらむと、<さび>がないのだ。歌詞の段落をもとに、いちおう私なりに形式を区切ってみた。
A あたたかいスープをのんで
B よぞらにひかる
A いつのまにかさむくなって
B オレンジいろの
C ながいながい
D つないでく 手とてのかず
Bの転調 だんだんとほら 最後らららが挿入されてエンディング

Bあるいは、最後のBの転調が<さび>といえば <さび>なのかもしれないが、どちらかというと、C から D のところが テンポ感もなにからなにまでどんどん進んで行く感じで、この曲の山場に思える。しかも、歌うのが難し箇所。

そんなことが、この曲の歌いにくさとか、大衆受けしないだろうなという部分なのかもしれないと思った。また、コードのこと考えると、いちおう変ホ長調とすると E♭ A♭ B♭ Cm がくりかえして安定しているのだけど、そのあとに、Cm7とかB♭sus4 とかA♭add9 とかいうコジャレタコードが出てくる。
C部分とD部分は、たぶんゲッカヨの譜面間違っていると思う。不思議なコード進行なので、なんとも言えないが。

最近はピアノをギターのように弾くある方の奏法を習い、初見でもコードがあると弾き語りの真似ができるようになった。変ホなんて♭3つもあるので、昔ならひーひーいっていたけど、今はへっちゃら。とはいえ、この曲はそういう意味じゃなくてやはり難しい。変ホからシャープ4つのホ長調変調する前の Dの部分ですでに奇妙なコード展開になっている。最後はBとほぼ同じメロディーだがへ長調になる。その変調するところも上のEから下のCにさがってまたあがるのが大変。どうしても音痴になる。

そういう難しさをミクさんは何気なく、歌いこなしてしまう。
もちろん、そこには、ミクさんが音楽ソフトだから出来ることもあるけど、このPさんの実力というのか、調教のうまさもあるのでしょう。

楽譜が見たい方は、ぜひゲッカヨ2011年3月号をご購入ください。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ボーカロイド
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

booking.com

日本語で予約、現地語で予約確認書をプリントあうと!
プロフィール

Kei Shirasaka

Author:Kei Shirasaka
単行本は「いいね!ミュンヘン」以降、出してません。紙媒体にするよりは、ブログとか情報はデジタルでいいかな、って思う今日この頃です。しらないうちに人生の半分以上を過ごしています。最初は1年で東京の生活にもどるつもりだったのですけどね。人生わからない。

子どものころから、英語は本当に苦手、白人の方はご遠慮ください!という人でした。海外に住みたかったわけじゃないし、やはり、縁があるというのか、人と自然に恵まれていたからでしょうか。「わたしには」ミュンヘンがいいね!であります。

普段はいたって実用的な本を作っていますが、言いたいこと、書きたいことは山ほどあるので、ぼちぼちと語っていこうかと思っております。

饒舌ならぬ 饒筆 にて失礼いたします。あしからず。

最新記事
カテゴリ
ブログ村
ブログ村に参加しています。
プログランキング
こちらのランキングにも参加してみました
ブログ村 外国語としての日本語 ランキングに参加中
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
3095位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
693位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム
リンク
booking.com
日本語で検索、予約 確認書は現地語で印刷
ブログ村ランキング
ブログ村にあるミュンヘン関係の情報サイトです。 合わせてご覧ください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。