FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受難週間 新約聖書1

さて、先々週の日よう日はイースター、復活祭でした。
歳時記のコーナーでは、ドイツの季節とお祭りと風物を紹介する予定ですが、なぜかこのところ押せ押せになっていて、報告が遅れてしまいもうしわけありません。

がんばって、受難週間にさかのぼってぼちぼちと書いていこうと思いますので、気長におつきあいください。三週間遅れでとどいた週刊誌をごらんになるようなつもりで。

ちょっとだけその前に聖書のことを書いておきます。

新約聖書はキリスト教の聖典でありますが、それはいくつかの書物の集大成という形をなしています。著者は「神様」ということになっているので、神様の言葉を聞いて書いた人たちは、「書記者」であるとされます。特に、「福音書」という最初の4つの書物は、マタイ(マティアス、マテオス、マチュー)、マルコ(マーク、マルコス)、ルカ(ルーカス)ヨハネ(ヨハネス、ジョン、ヤン、ホアン)の4人の福音書者がいます。新約聖書の聖典を決定する会議があり、それに漏れた作品もいくつかあるのですが、有名なものにはトマスの福音書などというのもあります。しかし、聖典としては受け入れられなかったので、現在、一般に手にとる新約聖書にはこの4つの福音書と使徒行伝(使徒行録、使徒言行録、使徒の働き、初代教会の働きなど訳語はさまざま)がセットで「歴史的」な部分とされています。
そのあとに使徒から初代教会の信徒に宛てた手紙という形の文書が続きます。こちらは、ほとんどがパウロの書いたものとされていますが、他にペトロ、ヨハネなど12使徒のメンバーも名前をつらねています。そして、黙示録という全く別の文学形体があります。さしあたって、受難週間から復活祭そして昇天祭、聖霊降臨という一連のイベントに関連があるのは、福音書と使徒行伝なので、この部分についてちょっと見てみましょう。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

booking.com

日本語で予約、現地語で予約確認書をプリントあうと!
プロフィール

Kei Shirasaka

Author:Kei Shirasaka
単行本は「いいね!ミュンヘン」以降、出してません。紙媒体にするよりは、ブログとか情報はデジタルでいいかな、って思う今日この頃です。しらないうちに人生の半分以上を過ごしています。最初は1年で東京の生活にもどるつもりだったのですけどね。人生わからない。

子どものころから、英語は本当に苦手、白人の方はご遠慮ください!という人でした。海外に住みたかったわけじゃないし、やはり、縁があるというのか、人と自然に恵まれていたからでしょうか。「わたしには」ミュンヘンがいいね!であります。

普段はいたって実用的な本を作っていますが、言いたいこと、書きたいことは山ほどあるので、ぼちぼちと語っていこうかと思っております。

饒舌ならぬ 饒筆 にて失礼いたします。あしからず。

最新記事
カテゴリ
ブログ村
ブログ村に参加しています。
プログランキング
こちらのランキングにも参加してみました
ブログ村 外国語としての日本語 ランキングに参加中
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
3095位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
693位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム
リンク
booking.com
日本語で検索、予約 確認書は現地語で印刷
ブログ村ランキング
ブログ村にあるミュンヘン関係の情報サイトです。 合わせてご覧ください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。