スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふわりPさん 3

ふわりPさんの三作目。「ふわりクレヨン」

P名のゆらいとなった作品です。
画像は静止画像のスライドショー的なもので、題名にあるクレヨンを意識しているのか、ちょっと幼稚園の子供たちの絵みたいな画像が並ぶ。でも、見方によってはパウルクレーばりの淡い色彩の作品もある。

最後の一こまは、「クレヨン」そのもの。でも、そのクレヨンひとつひとつに色の名前が書いてある。よく見ると知らない色の名前がたくさんある。例えばCactus。これがサボテンのことだっていうのは、知っていたけど、「サボテン色」っていうのがあるのは知らなかった。そんな楽しい発見のある画像もこの動画の見所だと思う。

さて、曲に関して言うと、やっぱり神がかった「ミクさん」の調教。ボカロにありがちな機械くささがない。
それから、結構長い作品だと思うけれど、むやみな繰り返しではなくて、なにか螺旋状に積み重なって行くようなつながりがすごい。(ちょっと,形而上学を思い出してしまったのは、私だけかな)。転調も技も磨きがかかっていて、古典にあるような長調>短調とか、平行度への移動とかじゃなくて、やっぱりこれも螺旋的な上昇。

一番すきな箇所は、

おみやげはないけど
じゃましてみようかな

の間奏前のところ。それから、間奏後の

かわることなく
つづいてく

の箇所のような三連譜の重なりもリズムを変えて、ブレーキをかけているみたいなのがふわりPさん的。

曲の積み上げ方とか、繰り返しとか、調性やリズムの変調、変形、加工とかいままでの楽器をつかった音楽ではなかなか再現されなかった部分がとても21世紀的。

とごちゃごちゃ書いてしまいましたが、いっちばんの特徴は、ふわりPさんの
やさしさ
あたたかさ
涙がでるほどの心地よさ

だと思いました。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

booking.com

日本語で予約、現地語で予約確認書をプリントあうと!
プロフィール

Kei Shirasaka

Author:Kei Shirasaka
単行本は「いいね!ミュンヘン」以降、出してません。紙媒体にするよりは、ブログとか情報はデジタルでいいかな、って思う今日この頃です。しらないうちに人生の半分以上を過ごしています。最初は1年で東京の生活にもどるつもりだったのですけどね。人生わからない。

子どものころから、英語は本当に苦手、白人の方はご遠慮ください!という人でした。海外に住みたかったわけじゃないし、やはり、縁があるというのか、人と自然に恵まれていたからでしょうか。「わたしには」ミュンヘンがいいね!であります。

普段はいたって実用的な本を作っていますが、言いたいこと、書きたいことは山ほどあるので、ぼちぼちと語っていこうかと思っております。

饒舌ならぬ 饒筆 にて失礼いたします。あしからず。

最新記事
カテゴリ
ブログ村
ブログ村に参加しています。
プログランキング
こちらのランキングにも参加してみました
ブログ村 外国語としての日本語 ランキングに参加中
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
5607位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
1126位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム
リンク
booking.com
日本語で検索、予約 確認書は現地語で印刷
ブログ村ランキング
ブログ村にあるミュンヘン関係の情報サイトです。 合わせてご覧ください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。